日本法務システム研究所様と業務の効率化について検討しています

薬事支援機構は、日本法務システム研究所様と薬事関連書類作成の効率化について、様々な検討を重ねています。両企業のサービスや強みを紹介します。

【「LAWGUE」の特徴】

「LAWGUE」は、過去文書を資産化し、条項単位で検索・再利用できる AI 搭載のオンラインエディタです。組織内のナレッジ共有を実現すると共に、契約書や規程類等の構造化文書作成に携わるビジネスパーソンを、雛形や過去文書の検索、Wordファイルの履歴参照、ファイル添付メールの往復といった非効率業務から解放します。

「LAWGUE」次のような強みを持ち、スムーズな文書作成・管理を行えます。

①圧倒的なオンラインエディタ
条番号の自動補正・追従、インデント、表記ゆれなど、時間のかかる非生産的な補正作業を10分の1に削減できます。

②条項資産のAI活用
文書間の垣根を超えた検索、AIによる類似条項検索、特許技術である契約書類型を問わない条項単位の欠落条項サジェスト機能を有し、契約書のチェック業務や精度の向上・効率化ができます。

③レビューフローの改革
バージョン管理、編集履歴の確認、リアルタイムでのメッセージのやり取りがすべてオンラインエディタ上で可能なのでレビュー業務を効率化できます。

【今後の展望】
薬事支援機構では、日本法務システム研究所様が開発した「LAWGUE」を活用して、薬事申請書などの作成を支援するシステム開発を行うため、技術提携の可能性を検討しています。
「LAWGUE」強みを活かして、薬事に関する申請書作成システムの構築、文書作成業務の効率化、文書の精度向上を図ります。その結果、弊社のサービスを利用しているお客様の負担が軽減でき、スピーディで的確なサポートが提供できると考えています。

【株式会社日本法務システム研究所様・会社情報】

■株式会社日本法務システム研究所
設立:2018年4月27日
事業内容:自社アプリケーション「LAWGUE」の開発・提供
本社:〒113-0033 東京都文京区本郷四丁目2番2号北信ビル4階
ウェブサイト:https://j-legal-system.com/

薬事支援機構からのお知らせ

薬事申請や臨床研究に関するご相談を受け付けております。
お気軽にお問合せください。

事業案内に関する資料請求は下記へご登録頂くと資料のダウンロードURLを送付致します。

※ご連絡不要の場合は、弊社からご連絡することはございませんのでご安心ください。

前の記事

夏季休業のお知らせ